タイヤは持ち込みで交換すると費用をグッと抑えられる

車のリニューアル

男性

持ち込みでタイヤを交換する時は、1本当たり工賃がかかります。交換するタイヤをどこで購入したかという点は、現在、工賃を左右する1つの要素となっています。お店によっても、持ち込みタイヤの交換料金は変わります。

トータルでの費用比較

タイヤ

タイヤの持ち込み交換は、事前に工場などに確認する必要があります。ただし、最近はネット通販で購入すると、指定工場で作業してくれる仕組みが出来上がっています。また、タイヤの納品場所も指定工場にすることも可能になっています。

安全に取り換える

タイヤ交換

保管状況を確認

タイヤをホイールから外して交換する場合は専門店に依頼しましょう。一般的にホイールがついた状態からの交換であれば、ディーラーやガソリンスタンドでも対応してもらえますが、ホイールから取り外してタイヤだけを新しいものに交換したい場合は持ち込みを拒否されることがあります。このようなときでも専門店なら問題なく交換作業を行ってくれます。ただタイヤを持ち込む際には専門店でもいくつかの点で注意が必要です。まず冬の間はずっとスタッドレスタイヤを装着していたケースでは、取り外した夏タイヤはガレージなどで長期にわたって保管された状態となります。この時の保管状態に問題があると、交換作業ができない場合もあります。たとえば温度変化などによって変形している場合や、乾燥によってタイヤ内部にまで及ぶ亀裂がみられる場合は、まだ山が残っていても持ち込み交換はできません。またインターネットで中古タイヤを購入して持ち込む際も注意が必要です。全く未使用品の場合でも、製造から3年以上経過している場合はゴムが硬化しています。ゴムの硬化したタイヤは、未使用品でも持ち込みを拒否されることがあります。これはゴムが硬化していると取り付け作業時に内部のビードが切れてしまうことがあるため、取り付け作業や走行時の安全性に大きな問題が生じるからです。専門店にタイヤの持ち込み交換を依頼する場合は以上のようなポイントに注意して、タイヤを持ち込むようにしましょう。

インターネットで購入

ウーマン

タイヤの持ち込み交換の需要が増加しています。店でタイヤを購入するのではなく、インターネットで注文することが増加しているからです。中古品であれば、タイヤサイズが正しくても小さくなってしまう事もあるのです。